浜松市「地球にも人にも優しい家づくり」コンテスト

 浜松市の年間における新築住宅の着工棟数は令和元年・年度月間データ4~10月期(持家)の半年だけでも合計1729棟を竣工しています。

これら住まいから毎年、固定化されたCO2温室効果ガスが排出されており、その量、1棟およそ2~3t-CO2 杉林1ヘクタール(100m×100m)で3~4棟程度しか二酸化炭素を吸収しませんから、どれ程の温室効果ガスが1棟から排出されているか解ります。建築物は一度建築されると長期にわたって使用され、環境負荷をもたらすことから、浜松市及び建設業における責務は重いと考えます。そこで本事業では、家づくりをとおし、地球温暖化の要因となる、CO2温室効果ガス削減に貢献している、市内に建築された住宅のコンテストの開催により、低炭素な住まいを広く浜松市内に普及促進を図るための事業になります。​

  建築分野では、いまだ無断熱の住宅が3割を占め、住まいの温熱環境における化石エネルギー依存率が高いことから、エネルギーを逃がさない革新的なイノベーションも求められています。本コンテストはZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)だけでなく、なるべく設備に依存しない、建物本来の性能、断熱・気密・日射取得などに重視した、低炭素な住まいを広く浜松市内に普及促進を図るための事業になります。

​※掲載順序は、システムの都合により順不同となります。