はままつし「地球にも人にも優しい家づくり」高断熱・高気密住宅(事例紹介​)

事業の趣旨

 浜松市の年間における新築住宅の着工棟数は令和元年・年度月間データ4~10月期(持家)の半年だけでも合計1729棟を竣工しています。これら住まいから毎年、固定化されたCO2温室効果ガスが排出されており、その量、1棟およそ2~3t-CO2 杉林1ヘクタール(100m×100m)で3~4棟程度しか二酸化炭素を吸収しませんから、どれ程の温室効果ガスが1棟から排出されているか解ります。建築物は一度建築されると長期にわたって使用され、環境負荷をもたらすことから、浜松市及び建設業における責務は重いと考えます。そこで本事業では、家づくりをとおし、地球温暖化の要因となる、CO2温室効果ガス削減に貢献している、市内に建築された住宅の事例紹介により、低炭素な住まいを広く浜松市内に普及促進を図るための事業になります。また、浜松市・センターでは、地域企業が、より安定した技術で市域に低炭素な住まいを供給できる体制づくりに期待しています。

建築分野では、いまだ無断熱の住宅が3割を占め、住まいの温熱環境における化石エネルギー依存率が高いことから、エネルギーを逃がさない革新的なイノベーションも求められています。

本事業はZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)だけでなく、なるべく設備に依存しない、

建物本来の性能、断熱や気密などを重視し低炭素な住まいを広く浜松市内に普及促進を図るための事業になります。

事業の内容

 建築分野では、いまだ無断熱の住宅が3割を占め、住まいの温熱環境における化石エネルギー依存率が高いことから、エネルギーを逃がさない革新的なイノベーションも求められています。本事業はZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)だけでなく、なるべく設備に依存しない、建物本来の性能、断熱・気密・日射取得などに重視した、低炭素な住まいを広く浜松市内に普及促進を図るための事業になります。

 浜松市 地球温暖化防止活動推進センター(以下、当センター)では、令和元年以降に市内で新築した住宅を対象として、温室効果ガス削減(地球温暖化防止)に寄与する、高断熱で高気密に優れた住宅を建築したハウスメーカー・ビルダー・大工・建築設計事務所・建主から建築事例を募集し当センターHP(浜松市公式HPとリンク共有)に作品や施工方法を掲載するなどし、浜松市域の低炭素化に向けた住宅の普及促進を図ります。

応募資格

       工務店・ビルダー・建築設計事務所・ハウスメーカー・建主で1~4を満たしていること。

       1、市内に事業所を設置していること。(建て主は抜く)

       2、地域木材を利用していること。

       3、アルミサッシを使用していないこと。(複合サッシも含む)

       4、ジャロジー窓を使用していないこと。

対象住宅

 令和元年以降に市内に新築した高断熱・高気密の住宅で、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の「強化外皮基準」外皮性能(Ua値) 0.6以下を満たしていること。

注意:一次エネルギー消費量計算及び気密性能については基準を設けていませんが、書類選考では性能が高い物から選出します。

応募方法

     WEBによる応募 又は、申込用紙をダウンロードして応募締切までに、お申込みください。

応募採用件数

    10棟(1社1棟まで)

応募開始

     令和3年7月19日(月)~

応募締切

     令和3年8月6日(金)

書類選考

​    書類選考を通過した10棟(10社)はHP公開日:令和3年8月末から順次公開(予定)

応募用紙ダウンロード

PDFをダウンロード (記入例は下記のExcelシートに記載しています。)

Excelをダウンロード

応募特典

  1、浜松市温防センターHPにてコンテスト結果及びビルダー登録と事例紹介

  2、浜松市・当センターが主催する市民を対象とした「地球にも人にも優し家づくり」講座で講師登録

  ※ 講師登録には、浜松市・当センターによる、ヒアリング審査があります。

  3、環境大臣表彰(気候変動アクション)参加への推薦

​問い合わせ

  浜松市 地球温暖化防止活動推進センター

  事務局 担当 増田・種茂

      連絡先 053-485-2021

​  mail:info@hccca-co2zero.org

問い合わせ